消耗品は現地で買おう。


そう思って、日本からはシャンプー・リンスはは旅行用の小さなボトル1つしか持って行きませんでした。

で、探すと。


リンスインシャンプー、もしくはシャンプーのみのラインナップの商品がすごく多かったです。

ヨーロッパって、硬水だからすごく肌とか髪とか痛みやすいらしい。

しかも、西洋の人の髪って、ぺたぺたと細くていかにも痛みそうな髪。

湿度が低くて、さらっとしているから日本人のように、毎日髪を洗う人は稀なんだとか。



面倒だからではなく、それが必要な行動だから。


それは、納得。



でも、なぜ、リンスインシャンプーなんだろ??

よけい痛みそうだけどなー。
IMGP8146







IMGP8147






これは、dmという、グラーツにたくさんあったドラッグストアのプライベートブランドのシャンプーシリーズ。

bio(ビオ:オーガニックみたいな意味で使われる)のものらしく、日本ではあまり見ない自然素材を使っているものがたくさんあって、パッケージもかわいらしく、

香りも自然でよかったりして、けっこう好きでした。


スーパーとか、他のドラッグストアのようなそれ以外のお店にある、シャンプーとかボディソープは、すごく香りが強い、変に甘ったるいようなものが多くて

シャワー浴びているだけで、胸焼けしそうなものが多かったから。



この真ん中のマンゴーっぽいのとか、右の緑のりんごのは使っていたなー。

重量制限もあったので、飛行機にのせられなそうで、泣く泣くグラーツに置いてきたけれど、

可能なら連れて帰りたいものだったなー。



SHAMPOO がシャンプー

SPULUNG がトリートメントのよう。
IMGP0792



これも、そのシリーズ。 シャンプー、リンスのセットになっているものももちろんあるんだけど

シャンプーしかないものも結構あったりして。

トリートメントをしない文化なのかなー。
IMGP0791



IMGP3454



これなんて、全部シャンプーだし。
IMGP3455





これは、ボディソープ。

どれも安いし、香りが柑橘系のいい香りで。

重ささえ気にしなくていいのなら、いくつも日本に買って帰りたいくらいでした。
IMGP0793



ボディウォッシュ。
IMGP0796


日本にはないよな。スイカのボディソープって。
IMGP0797



食器洗剤のカエル。人間用の洗剤もあるのか。
IMGP0798




bioシリーズ。 これは、日焼け止めだったか。
IMGP0795





これは、足クリーム。

日本だと、ハンドクリームはどこにでも売っているけど、足クリームってあまり見ないような。

グラーツのドラッグストアだと、どこもフットケアグッズが充実していたなー。

でも、何でだろう?日本より必要とされる実情があるのだろうか。

足クリーム、おそらく、保湿、除菌なんかがされているもの。

ハンドクリームよりレモンとか柑橘の香りが強く、つんとすっきりした感じがしました。


Fuss とはドイツ語で足の事。 サッカーのこと、Fuss(フッス) Ball(ボール)って言うし。
IMGP0794



ぎっしりのフットケア用品
IMGP0799


やすり
IMGP0800


保護
IMGP0801



緩衝材  ドレッシング材
IMGP0802



足クリーム と粉
IMGP0803


IMGP0804



スプレー
IMGP0805





これは、ラブリーなシャンプーシリーズ。

ややラブリーなんだけど、なんとなく素朴さも。

旅行へ来た、私の妹が虜になって、シリーズまるごと購入していました。

使ってみたのかな??

王冠のキャップ
IMGP0807


IMGP0808



お姫様の薄顔がなんともいえない。
IMGP0809



実は、人気シリーズだったのか。 
エコバッグみたいのも売っていました。
IMGP0810


IMGP0811


シャンプーの話をしようと思ったら、なんだか、話が広がってしまいましたね。