naokoのグラーツ滞在日記

オーストリアのグラーツという街で半年間生活していた時の記録です。

2013年12月

グラーツという街


少ないながら、これから行く場所について調べてみました。


*オーストリア*


国旗:
赤白赤のしましま。
国旗



場所:
ヨーロッパの中央に位置し、北にドイツ、西にスイス、南にイタリアと接していて、周囲、9カ国にかこまれています。
海なし国なのは、ちょっと寂しい。魚介類あんまりないんだろうな。
けど、陸路でいろんなところに簡単に行けそう。生活に慣れてきたら、レンタカー、電車、国際河川で船。色んな手段で移動してみたいです。
ヨーロッパには、いくつもの国をまたぐ、国際河川というものもあるようだし。



広さ:
日本の1/4程度。北海道より少し広いくらい。
国土の6割が山岳で、そのほとんどがヨーロッパアルプス。


気候:
冬の寒さは北海道と同じくらいらしいです。
緯度で比較すると、北海道よりも北なのですが、ヨーロッパは偏西風の影響で、日本の緯度よりもあたたかいらしいです。


言語:
公用語はドイツ後。英語も通じる人もけっこういそう。
レストランのメニューもドイツ語と、英語の店があるそう。


首都:
ウィーン。芸術の都市。
美術館、ウィーン少年合唱団、ウィーンフィールハーモニー、オペラ座。
ベートーベン、シューマン、モーツアルト。けっこう有名な音楽家の過ごした土地であったりもします。

通貨:
ユーロ




*グラーツ*

アクセス:
成田ーウィーン (11時間)+ウィーンーグラーツ (0.5時間)
一度の飛行機乗り換えあり、待ち時間も入れると14時間くらいかかります。



規模:
観光ルートにも入っていなく、あまり有名な都市ではないですが、ウィーンに次ぐオーストリア第二の人口を持つ都市です。

人口:
25万人

観光:
グラーツの旧市街地が、世界遺産に登録されており、街並自体が観光地という場所。
山の上に時計台があったりして、眺めがよさそうです。

02546x


交通手段:
トラムと呼ばれる市電が7路線。
コンパクトな街なので、これでけっこう便利に移動出来そうです。




出国まであと約半月。
ぎりぎりまで仕事をする予定なのですが、残された出勤日が少なくなってきていると実感します。
ただ、もう少しで異国の地で暮らし始める。まだ、そんな実感が持てずにいます。


ブログはじめました

夫が留学することになり、なんだか面白そうなので、私もついていくことにしました。
年明け1月から半年間の海外生活です。



場所はオーストリアのグラーツ。
austria_map





グラーツはオーストリア第二の人口を持つ都市です。


しかし、日本人の観光ルートからは外れるらしく、けっこう調べたのですがインターネットでも、書籍でも全然情報がありません!


あの分厚い「地球の歩き方」でも取り上げられているのはたった6ページのみ。



今の世の中で、簡単に得られない情報があると知りました。



唯一見つかったのが、半年間旦那さんの出張について行った奥さんのブログ。
生きた情報が、すごく参考になりました。
これがなかったら、私のグラーツ準備は暗礁にのりあげていたと思われます。


この方のにように、いつかの誰かの役に立ったら。
というのと、
この貴重な体験を、記念に形に残しておきたいと思い
ブログを始めることにしました。


英語もドイツ語もままならないまま出発するであろう私。
いったいどんな生活が待っているのか。


時間があれば、準備から少しづつブログになれるために書いていきたいと思います。




最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ