naokoのグラーツ滞在日記

オーストリアのグラーツという街で半年間生活していた時の記録です。

ザグレブ 【クロアチア】

旧ユーゴ一人旅7日目 ザグレブの人


クロアチアの首都 ザグレブ。

この旅で、各都市でいろんな人との出会いがあったけど

ここは通過するだけの都市。

何もないだろうと思っていたら。

ここでも印象的な人がいたので。



セルビアからグラーツへの帰り道。

バスの乗り継ぎ。

半日程度の待ち時間があったので、ぶらぶら待ち歩き。

その中での出会い。


観光を終えて、そろそろバスターミナルへ戻ろうかという頃。

おなかがすいたので、何か食べようかなと。

バスターミナルの近く。

半地下のちいさな飲食店。


入ろうかとガラスから中をのぞいたが、やっぱどうしようと迷っていたら

すれ違って、お店に入ろうとしたおじいちゃんが手招き。

なんとなく一緒に入ってしまった。


席につくと、もう一人のおじいちゃんも到着。


おじいちゃん2人と私の3人。

ビールを飲みます。




海外の親切な人には用心しろといいます。

スリだったりするからと。

この二人はそんな感じはしないけど

一応用心して。

荷物は体からぴったり離さず、膝の上。

ファスナーも体に向けて。手を当てて

貴重品は全て服の中、体につけてぶら下げてるし。

お酒も日本でのように飲み過ぎないように、少しだけ。

そして、ビールの瓶が開けられる瞬間を自分の目で見て

空のグラスにつぐところも見て。




陽気だけど英語が通じないおじいちゃん ジェリコ
IMGP5988


物静かでインテリジェンスが高そう そして英語ができるおじいちゃん 

ストレチコ
IMGP5989



たいして飲んでもいないのに
5分に一回ジェリコが
「かんぱーい」と。



そして、私とストレチコが英語で会話

という感じで時間が流れていきます。



私のことは気にせず、ジェリコとストレチコが会話していたりも。


二人は、この近くで働く自動車整備士さん。



私の状況を話すと興味深そうに聞いていました。

本物の日本人に会うのは初めてだと。



私は日本人であること、グラーツに半年間滞在していること

旧ユーゴを旅行していて、クロアチア、ボスニア、セルビアへ行ってきたこと。

これから、グラーツへ帰ること。



整備士さんのストレチコ。

日本の車はとても、性能がいいね。

ホンダはとてもいい会社だと。トヨタもスズキもいい会社だと。



日本は、行ったことがないけれど

東京の写真は見たことがあるよ。

あそこは人が多すぎるね。

誰に会っても、東京は人が多すぎるという感想を聞きます。

日本は物価が高いだろう。

暮らしにくそうだよね。



クロアチアはとても暮らしやすいよ。

ヨーロッパは綺麗だけれど、物価は高いかもしれないね。



と、物価比較開始。


チキンは何ドル/kg  ツナは何ドル/缶 豚は何ドル/kg


そうやって価格比較。どうして、ドルを指定してきたのかは謎です。
クーナが通貨のクロアチア。
ユーロはあまり馴染まないのかな??


私の最大限の知識。

日本が初出場したサッカーワールドカップ。

フランスワールドカップ。

たしか、クロアチアと対戦したなー。

と、思い出し。サッカーに興味ありますか?と。

まぁまぁかな。というので、そのエピソードを披露すると

ぜんぜん興味なさそうでした。ふーんって。感じ。

ま、興味持たれても、私もそれ以上広げるほどの情報は持ち合わせていなかったんですが。



クロアチアの公用語は、クロアチア語。
彼らも、クロアチア語を話しているとのこと。

聞いていると、ロシア語みたいな言葉も。

セルビアの青年も、セルビア語のアルファベットと発音を教えてくれたときに
これはロシア語に似ていると言っていたような。

「ロシア語に似ていますね。」と言うと、そうだよと言っていた。

私の知っている数少ないロシア語。数字。

「アジン、ドゥバ、ティリッチ、ティリ…」というと

ウォー!!そうそう。わかるのかい!?みたいな感じ。

コミュニケーションが取れるということはなんだかうれしい。



それにしても、英語の通じない陽気なおじいちゃん。ジェリコ。

あれこれしゃべっているけど、ぜんぜん意味はわかりません。

そして、ストレチコが、彼はハッピーだと言っているよ。

と、通訳してくれる。

その繰り返し。

ここに来る前から飲んでいたのか、こういう人なのかはわかりませんでしたが、

言葉も通じないのに、ニコニコしていて、すごく楽しそうだったし

乾杯とグラスを合わせたり、握手したり、ハイタッチしたり

そんなことで、すごく楽しく時間がすごせるのだなーと思いました。


まぁ、どっちにしても私の英語力では、

英語にしたってあまり多くのことは話せないのですが。


何ということもないんだけど、わいわいと本当に楽しい時間。




1時間くらい経ってからかな??

お調子者のジェリコには私の言葉は通じないし

ストレチコになら聞いてもいいかなと。




「もし、いやだったら答えなくてもいいです。

私は、この地域についてキレイな景色が見たいだけではなく、何が起きたのか。

自分で見たい、勉強したい。そう思って旅をしています。

クロアチアも独立するとき、戦争があったと聞きました。

この街も舞台になったと思います。

あなたも、その戦争を経験しているのですよね?」と。



ストレチコは、穏やかに少しだけ話してくれました


「全然いやではないよ。大丈夫。

戦争の時。この街も、多くの被害にあったよ。たくさんの建物が壊れたよ。

たくさんの血が流れたよ。

今は、ずいぶんとキレイになったよね。

大変な戦争だったよ」


と。自分自身のことは語らず、多くのことは語っていませんでした。

けれど、ゆっくりと一言一言かみ締めるように話していた彼。



思い出すものがあり

思いがあるのだろうなーと感じたのでした。



そして、私の質問を受け入れ

私にまっすぐ向いて

答えてくれたことが、嬉しかった。



夕食を食べていないと話すと、

この店は飲み物しかないんだよと。

そして、しばらく席を離れたストレチコ。

トイレかと思ったら、ピザを持って登場。

買ってきてくれたとのこと!!

おいしかったなー。
IMGP5990




バスの時間もあるので、少し早めにそろそろと。

お礼を言って、お店をあとにしました。

本当にいい出会いだったなー。

二人に感謝です。





旧ユーゴ一人旅7日目 クロアチアの首都ザグレブへ


旧ユーゴ一人旅も7日目

1週間。

そろそろ旅も終わりに近づいています。


見たいものはすべて見終わりました。

あとはグラーツへ帰るだけ。

けっこう遠くまで来ました。

直行で帰れるルートがないので、

クロアチアのザグレブで乗り換え。

せっかくなので、ちょっと寄り道して、ぶらっと観光していきます。


ルート確認
jpg



本日の行き先

クロアチアのザグレブ

地味にクロアチアの首都です。


クロアチアは、最初にドブロヴニクへ行っていますね。


ザグレブは、人口80万人の古都。

小高い丘があり、緑に囲まれた町並みには、ゴシック様式、バロック様式の重厚な建物が多い。市街地を歩いていると、13世紀頃からの文化や芸術において、発展を遂げてきた、町の歴史を感じることが出来る。


こじんまりとした町並みは、半日で歩き回ることが可能と。


では。


セルビアの朝です。

ホテルの14階。

疲れていても、いろいろ見たいとなんとなく貪欲になっている。

早起きして、朝日を。

IMGP5752



今日は7時半のバスでクロアチアへ。

本日のホテル。

14ユーロなのに、朝食付き。

6時からなので、間に合いそう。

荷造りを終えて、6時から朝食を取って、すぐ出発です。


残ったお金。

ほんの少しなんだけど。使い切れなかったなー。

クロアチア。これは、今日これから使います。
IMGP5763


ボスニア。
IMGP5764


セルビア。縦型紙幣。
IMGP5765


朝食。久しぶりに普通のコーヒーだー。
コールスローとか、ドライトマトとか、オイルサーディンとか。スクランブルエッグとか。
野菜と魚。体にうれしい。
IMGP5771

街中に、よく見かけたアイスやさん。
IMGP5775


売店
IMGP5776


マック レトロ
IMGP5778


軍服の人の姿。けっこうみかけました。
IMGP5780


廃墟
IMGP5781



帰り道にもNATO空爆跡
IMGP5792

周囲に数人の軍服の人が見回りしていました。怖いなー。


右側の補修中の覆い。軍人のプリント。
IMGP5791



警察官の姿も
IMGP5794


IMGP5802



徒歩10分くらい。ターミナル到着。

ボスニアでも見た、ブレド。
IMGP5805


お土産やさん
IMGP5806



セルビア ベオグラードのバスターミナル

バス乗り場への入場にはコインが必要

バスチケットを購入したときに渡されます
IMGP5808



さー、クロアチアのザグレブへ
IMGP5816


IMGP5817


7時半発 13時着 5.5時間

けっこう距離があるのに、時間がかからないのは、高速道路が整備されているからだろう。

昨日もセルビアに入ってからの道があまりによくて驚いたから。


さようならー。

IMGP5821


ベオグラード郊外。

やたらピカピカの建物が多い

なんとなく、変なデザインですが
IMGP5822

IMGP5823


バスの中

きれいで快適なシート
IMGP5827


中国製?
IMGP5828


休憩スペース
ボスニアと違って、すごくきれいな建物。
IMGP5826


キティ!
IMGP5825



ボスニアは本当に道が悪いのと、山道でくねくねしているので

乗っているだけでも、気持ち悪くなりそうな感じ。


セルビアは道が整備されていて、ぜんぜん揺れなくて快適。

いつか読もうと持ってきてきた文庫本を読みました。


山崎豊子の「沈まぬ太陽」

こういう機会でもないと、と思って、読み応えのある大作をそろえて来たんだった。

この考えさせられるばかりの現実の旅行。

そして、かなり考えさせられるこの作品。

面白いけど、頭の容量オーバーになりそうでした。




ザグレブバスターミナル到着。

初日に、ドブロヴニクへの乗り換えをしたターミナルです。

ちょっと寄り道して、このまま今日グラーツへ帰ります。

23:00発のバスに。チケットを買っておきます。
BlogPaint


ターミナル
IMGP5836


半日でまわれる街ということで、適当にぶらぶらします。

ターミナルに荷物を預けられるシステムがあるようで、大きなリュックは置いていきます。

ターミナル1階の降り場のあたりにカウンターがありました。

すごく安いので、預けることをおすすめします。



ここはEUなんだなー。
IMGP5840


町並みがヨーロッパ的です
IMGP5847

IMGP5848

IMGP5850



トラムが新しい
IMGP5842

日本車だ
IMGP5845


街の中心部の広場
IMGP5856



教会 工事中
IMGP5858

内部
IMGP5874




青空市場

活気があっていいです
IMGP5868



IMGP5865


フルーツの香りがすごくいい。イチゴの甘酸っぱい香り。
IMGP5862

食べたかったんだけど1kg単位でしか売っていなかったので、買えず。
IMGP5866


分銅のはかりで計ってました。
IMGP5864



絵本やさん
日本でも見たことがあるもの。
「はらぺこあおむし」
IMGP5869


「かいじゅうたちのいるところ」
IMGP5870


コメディ劇場
IMGP5879



マネキンがださい
IMGP5880



小高い丘の上へ
展望等に上ってみた

さっきの教会
IMGP5888


IMGP5890


丘の上にはケーブルカーでも登れるよう
IMGP5892



有名な教会

「聖マルコ教会」かわいいなー。
これが見れたので、もうザグレブの目的は達成されたようなもの。満足。

ミサの時間しか中に入れないようでした。
IMGP5899


特に気合も入っていない観光。

ちょっと気になった博物館へ。
IMGP5923


「失恋博物館」

世界中の失恋後に残された品々と、エピソードについて展示されています。
IMGP5901


ちょっとおしゃれ
IMGP5920


素敵なものもあったけど、くだらないものが多かったなー。

斧!!!

一緒に暮らしていた彼女が去った後、失恋の品の家具を、この斧で砕いたんだったかな。
IMGP5912


あーあという雰囲気がします
IMGP5918





アメリカ UNO
IMGP5911


ザグレブ スタンガン  怖っ!!
IMGP5909



ドレス
IMGP5906



悪い記憶の消しゴム
IMGP5921



ガイドブックには、日本語の、解説もあるとのことでしたが

博物館の内容が先月一新されていて、

まだ日本語の解説は作成していなく、ありませんでした。




ぶらぶらぶら。

外にテーブルを出しているおしゃれなお店が多い
IMGP5935



ワッフル。
IMGP5931



頼んでないのに、アプリコットジャムとチョコのトッピング。
お勧めだったのかな??
おいしかったけど、トッピングなくてもよかったなー。
IMGP5932



さっきの市場。

片付けし始めてました。
IMGP5934


IMGP5867

IMGP5936



トラムの後ろに車が渋滞
IMGP5943



チトー元帥広場

不安定極まりない旧ユーゴをなんとかまとめていた人

チトー

クロアチアも旧ユーゴでした。

チトー元帥広場にチトーの銅像とか一切ありませんでした。

IMGP5946




IMGP5957



図書館 なんとなくハリーポッター的なフクロウ
IMGP5960


ちょっと不穏な落書きも
IMGP5963



図書館に寄ってみた

なんで入ろうと思ったのかわからない。みんな勉強していていい雰囲気。
IMGP5970


ぶらぶらしていたら、村上春樹
IMGP5971



日本のコーナーも
源氏物語
BlogPaint

俳句 阿部公房
BlogPaint


「GO」
BlogPaint


村上春樹
IMGP5975


日本大使館  日本の国旗だー。
IMGP5981



クロアチア国旗
IMGP5983



松があるんだー
IMGP5986



夕方。
何かちょっと食べて、バスターミナルに戻って、時間でもつぶそうかと。



ここに入ってみたいなーと思う、バスターミナル寄りの

通り沿い、半地下の小さな店があって。

覗いてみるといい雰囲気。



観光客相手ではなく

地元の人が来るのだろうなという感じ。


ただクロアチア通貨の残りが少なく、現地通貨の現金があまりなかった。
カードが使える店でないと。

カード表示がないからだめかなと店を離れたら、

すれ違ったおじいさん。

お店に入ろうとして、私を手招き。

一緒に入ろうと。

なんとなく一緒に入ってしまいました。

英語の出来ない陽気な雰囲気のおじいさんと、英語の出来る物静かなおじいさんの二人組み。

二人とビールを飲みました。

すぐに出ようと思っていたんだけど

すごくフレンドリーな雰囲気と、英語の出来るおじいさんの話がとても面白く

つい長居してしまいました。

IMGP5987


陽気な英語のできないおじいさん
IMGP5988



英語のできるおじいさん

インテリジェンスの高い感じ
IMGP5989



バスターミナルのすぐ近く。


早めにお店を出て、ターミナルに預けていた荷物を受け取り

グラーツへ向かうバスに乗ります。


ほろ酔いで気持ちがいいなー。

グラーツまであと少し。

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ