naokoのグラーツ滞在日記

オーストリアのグラーツという街で半年間生活していた時の記録です。

トルコ

トルコの悲劇 -オーストリア航空搭乗拒否 その後ー


楽しかったトルコ旅行。
その最後に、とんでもない試練が待ち受けていました。

まさかの、航空会社職員の勘違いと知識不足による搭乗拒否。
さらに、web check inの消去。

イスタンブール空港。
(本当は違うのに)オーストリアにオーバーステイをしていると、言いがかりをつけられ
オーストリアへの帰国を拒否されました。

航空会社へは、チケット窓口、コールセンター、オーストリアの空港スタッフにも助けを求めたものの
責任は自分にないと、具体的な行動をとってくれる人は一人もいなく

日本大使館にも助けを求めるも、アドバイスのみで具体的な援助には至らず。

結局、毎日夜まで空港にいて、今日も帰国できなかったと夜遅くにホテルを確保
空港に3日間も通うことになり

最終的には、他社(ターキッシュエア)で帰国の保障をしてもらい(なぜ拒否に至ったのでしょうかね。大丈夫ですよ。と。)、追加で別にお金を払い、他社の航空券を自分で購入。
なんとか、帰国することができました。

ウィーン空港で、初めて私の話を聞いてくれるスタッフがいて、ウィーンからグラーツまでの航空券は用意してくれました。そして、今後のクレームや保障の話し合いはこちらに。と連絡先も教えてくれました。


詳細は、こちら
1、観光と悲劇
2、絶望
3、帰国へ


日本では考えられないこと。
海外では、ありうることなのだと、身をもって実感しました。


グラーツ在住の日本人妻さんたちにこのことを話すと、
「海外の会社は無責任だから、頑張らないと謝罪とか返金をしてもらうのはそうとう難しいと思うよ。」と。


明らかに、向こうが間違っていてもそうなのか!!
と驚きました。トルコだけでなく、ヨーロッパでも文化の違いなのか。
日本は、何でもかんでも謝罪だったり、クレームの社会だというのに。


一応、教えられた連絡先に、夫と私のメールアドレスからそれぞれ同じような内容のメールを送信。

ある程度予想はしていたんだけど
待てど暮らせど、返信すらなし。

そして、諦めかけた1ヶ月半後。

ようやく返信が。




内容は



返信が遅くなったことへの謝罪。理由は客がたくさんいて、多忙だったから。(おいおい…)

スタッフのミスによる搭乗拒否に対する謝罪。

使用しなかった航空券の返金
他社で購入した航空券の差額(当初のオーストリアエアラインのみの方が安かったので)の保障
滞在延長による宿泊費の保証
を約束する内容でした。


一度の返信すらないので、返金どころか謝罪の言葉、もしくは、弁明の言葉すらもないものと
あきらめていたのに。
返金されない可能性も考えて、ウィーンまで2万円の航空券で帰ってきていたくらいだし。



まさかの、謝罪と返金!!
やったー!!



オーストリアの友人に報告すると

「すごい!!奇跡だね!!」

とまで。
そこまで、だめだめなのね…。


すぐに、差額、宿泊費の内容を証明するもの、日本の銀行口座のSWIFTコードと口座番号をメール。

返金は帰国してからでしたが、無事日本の銀行口座に返金を確認することができました。



海外送金って、意外とお金がかかるもので、1度の送金に手数料が2000円くらいかかります。
それは、向こうで持ってくれてはいませんでした…。

本当なら、向こうが持つべきものだろうな。と思いつつ。
ここから更に時間と労力をかけて交渉する気ににはなれず。

お金の問題ではなく、保証されたという事実が一番大事かなと。


2000円くらいの差額を自分で払って、補償を受け取りました。


めでたしめでたし。




誰もが望む経験ではないし、出来れば避けたいもの。
でも、なってしまったものはしょうがない。
この事件のおかげで、スムーズな旅行であれば経験しなかったようなことを、たくさん経験することができました。


長い長いトルコ旅行。
帰国してからも、こうやって自分の中では、続いていました。

それと、このブログの人気記事ランキングベスト5というのを、私は見ることが出来るのですが
だいたいベスト5中に、2つか3つトルコの記事が入っています。

あとは、私のブログの写真が日本のバラエティ番組で使用されたこともあったり。

旅が終わってしばらくたっても、こうやって旅は続いていくものなんだと思ったりしています。




ことわざシリーズ

DSC00458


手はずを整えても、人がそれに応じてくれないこと。

あやうく、そうなるところでした。

お土産シリーズ トルコ



それまでの一人旅は、歴史を学び

自分と向き合い、重たい旅が多かった。


とにかく、楽しかったトルコ旅行(最後は大変だったけど;)

雄大な景色の中を、ひたすら長距離夜行バスで巡った旅。

お土産も、オリエンタルな雰囲気で、見ていてとても楽しい国でした。

トルコ旅行記




カッパドキア
IMGP8906



IMGP8885



パムッカレの石灰棚
IMGP8974



イスタンブールの夕焼け
IMG_1613





まずは、カッパドキア

カッパドキアへ向かうオトガル(バスターミナル)で購入。
トルコは、値段が高く設定されているので、値切ると1/3くらいになる。と聞いて。
実際、やってみたら本当になった!!
750円のCASIO(本当?)の時計。
IMGP8257


トルコのお菓子。
かわいいし、美味しかったです。
IMGP8283



カッパドキア到着。
かわいいものが多かったなー。


何か布
IMGP8310

IMGP8323


上のを拡大するとこんなの。
定番の柄なのかな。
ホテルのベッドカバーにも。かわいい。
IMGP8532





トルコの守り神。青い目玉。
風景に映えます。

IMGP8324

IMGP8901


アクセサリーにも
IMGP8375




カッパドキア的な置物。
IMGP8372



怪しい人形。
グリーンツアーに一緒に参加していた、南米人が購入していました。
さすが南米ノリ。
IMGP8374





オリエンタルなポーチ。
ボスニアヘルツェゴビナでこういうの見かけてほしかったのに、買いそびれていた。
なので、再会して嬉しかったもの。
IMGP8322



1つ50円。

勢いでいくつも買ってしまった。
IMG_1572



トルコ石

一口にトルコ石といっても、さまざまな色があると知りました。
これはきちんとした店の、高級品。
IMGP8501


これは、お手軽なお店のもの。
IMGP8371


IMGP8872


IMGP8873





食器

言う事なしのかわいさ。
IMGP8729


色違いで、直径4cmくらいの小鉢を5つ購入しました。
IMGP8845

サイズ違いの同色というのも、魅力的。
IMGP8846


怪しいけど、かわいいな。どちらも定番の柄。
IMGP8730



カッパドキアのアヴァノスは陶器で有名な都市。
カッパドキアワインのワインデキャンタ。
陶器製で、変わった形をしている。
一緒に観光した日本人の旅人がこれを購入していたなー。

勢いで買ってしまったけど、割らずに日本に持って帰るのが大変だ。と話していました。
o0448033611184720369



ボスニアヘルツェゴビナで見た食器と似ている。
文化の起源がつながっているんだろうなー。

ボスニアのコーヒー、トルココーヒーって言われていたし。
IMGP8648



コーヒー豆引き
IMGP8649



チャイは、この形の耐熱グラスで飲むことが多い。
IMGP8664



ランプ
IMGP8732





水タバコ
IMGP8666



チェス どこに行ってもあるなー。チェス。
IMGP8660



世界中に出現する、キティ

と思ったら、ディスニーも!!いいのか!?笑
IMGP8736



ドレス 笑  バスが1時間以上遅れて、来なくて。
暇だからって、お土産屋のお兄ちゃんとふざけていたときに。
似合っているなー。
BlogPaint



何なんだろ?
各国言語に訳されている何か。
IMGP8866



カッパドキアは気球が有名
早朝に気球に乗って、この雄大な奇岩風景を眺めるという。
私は、高台から気球を眺めました。
IMG_1578



気球
IMGP8868




お土産屋さんがイケメンすぎる
BlogPaint


そしてお茶目な店員さん
IMGP8871


そして、美人さんも。
BlogPaint


カッパドキアはドライフルーツも有名。
偶然出会った日本人夫婦が、買いすぎたと、ドライフィグをくれたんだけど美味しいかったなー。
よい旅の出会い。
IMGP8919




そして、イスタンブール


空港スタバ

トルコはチャイの国。スターバックスコーヒーなのに、チャイ売ってます。
IMGP9240


コーヒーカップ。トルココーヒーは濃くて、少量で飲みます。
なので、ミニカップがある。
IMGP9241



グランドバザール、エジプシャンバザール。
DSC09625



DSC09626





お茶、香辛料、お菓子。 彩りも香りも惹き付けられる場所でした。
DSC09623

DSC09628



なぜか金
DSC09630


バザールに金ばかりのエリアがある。
延べ棒ってなかなか見る機会ないよなー。
本物って、偽物っぽい。
DSC09631



トルコの民族衣装。かわいすぎます。
IMGP9286


ウィーンでみかけた、トルコ人の結婚式の参列者。かわいすぎ!!
IMGP7698




ジュータン
トルコっぽい雰囲気でいいんだけど、ぼったくられることで有名なので、要注意。

悪い店だと、店の奥に連れて行かれて、睡眠薬入りのチャイを飲まされるとか。
怖くて、一度も近づけませんでした。
DSC09635




食器
DSC09618


DSC09627





魔法のランプ
IMGP9287



普通のランプ
DSC09621

DSC09622


水タバコ
IMGP9291



何か布
IMGP9293


IMGP9294



バザールの外側。混沌としているなー。
IMGP9500


たくさんのブランドイミテーション
IMGP9501

IMGP9753


街中にもイミテーション
ヴィトンはわかるとして、
アップルの財布って 笑
BlogPaint




街中のお土産屋さん

アクセサリー
IMGP9333




Tシャツ これなら、ぎりぎり日常的に、着られるかも
ノイシュヴァンシュタイン城Tシャツとは違って。
IMGP9399


食器


イスタンブールのお土産屋の方が、品揃えもいいし、きれい。
だけど、値段はカッパドキアよりずっと高かったです。
IMGP9496

トルコで有名なおどり。男性が白いスカートみたいな服を着て踊るものらしい。
IMGP9818


IMGP9820


IMGP9821




お土産屋さん

人懐っこい少年 
日本風のポーズだよとピース
IMGP9798


ちょっと怪しいおっさん
IMGP9805




結局、トルコでは、食器の小鉢セット
友人に出すポストカード。

くらいしか買わなかったのかな。


けれど、最後の壮絶な体験。

そして、現地の人の親切さに助けられたこと。

自分の経験値としても、お土産話としても(!)

大きなお土産になったと思います。

トルコ一人旅 11日目 帰国へ


トルコ一人旅の記録です。

本当は9日で終了する予定だったこの旅行。

ついに11日目に突入。

長いと思っていたカッパドキアの3日間滞在。

空港にも今日で3日目か。




昨日は、親切なトルコ人さんの家に泊めてもらいました。


そして朝。


おはよう。

眠れたかい?水飲む?


ソファに座って一杯のお水をそれぞれ飲みながら

よく眠れたよ  ありがとう。と。
IMGP9836



IMGP9835



お世話になったおうちをあとに、空港へ向かいます。



乗り合いバスに乗って、港まで。

港からは、船で。いつものエミノーニュではなく、バッキョカイへ。

そして、到着したバッキョカイの港からはタクシーで移動するのがもっともシンプルで早いとのこと。


頑張ります。



家の近くのローカル乗り合いバスの乗り場まで送ってくれました。

IMGP9837



こんなにも当然のように、ほぼ見ず知らずの私に親切にしてくれた彼。


ほんとうにありがたい。


彼なしでは、この旅行、この帰国はありえなかった。

といっても、過言ではないと思う。




こんなことがなければ、知ることがなかったであろう。

経験することがなかったであろうこと。


ありがたいとおもうし、一生忘れることが出来ない経験だとも。


ただ、そのために与えられた試練が大きすぎる。とも。




道路まで出て、お別れ。




本当にありがとう。

言葉では表せない。

一生忘れないよ。

ありがとう。涙が止まらない。



港までの小さなバスの中、一人で泣く。



そこで、一人の人に、声をかけられた。

あたな、港まで?



泣いていて、目的地を告げ忘れていた。運転手に目的地を言っておいておろしてもらうシステム。

ありがとう、親切な人。



港の空。
IMGP9838



いやなことが多すぎて

あまり写真は撮っていなかったんだけど

あまりにきれいな空だったので。一枚。

もう今夜はここには帰ってこないよ。




最後に見る、イスタンブール カドキョイの姿。
IMGP9840




港からのタクシー。

船に乗っていた人は皆空港へ行くのか。

それぞれどんどんタクシーへ乗っていきます。

私もその列に。心配で前に並んでいた婦人に確認。彼女も空港へ行くという。

料金も高いし、ぼられるのも心配だし、きちんと空港へつくかも不安で。

彼女にタクシーをシェアすることを提案。

ほとんどの人は、一人で乗っているんだけど

それはいいわね、と快諾してくれました。よかった。

これからギリシャへ旅行なのだとか。




イスタンブール空港。

空港敷地内へ入るだけで、セキュリティチェックが必要。

昨日は、電話をかけたり、売店へ行ったり。

そのたびに、敷地から出て、入場するときにセキュリティチェックを受けていた。



朝の便は乗客が集中するので、空港敷地内に入るだけで、恐ろしく時間がかかるとのこと。

フライトの2時間以上前に空港についていても

セキュリティチェックの行列のため、国内線に乗り遅れる人もあるというこの空港。

ターキッシュエアのスタッフのアドバイスで早めに到着しておいた。

思っていたよりもスムーズに。



で、すぐにチェックイン。そして、荷物もあずけてしまう。

二日前の悪夢もあったので、

クリアすべきことは、すぐにしてしまいたい

もう一度、航空界会社のスタッフに、私、飛行機に乗れますよね?と責任者のカウンターへ確認に。

現に、もうチェックインしてるし。大丈夫ですよ。とにっこり。



搭乗までに、なんとかオーストリアエアのスタッフに会えないかと思ったんだけど、無理でした。



あー、どうなっているんだ。この会社。




残った現金も、すべてユーロに換金。
IMGP9847


IMGP9848



パスポートコントロールもなんなくスムーズに通過。


あまりに私が怖い顔か、不安な顔をしていたのか

窓口のスタッフは、ぷっと笑い、そしてにっこり笑っていました。



いよいよ搭乗。



こんなに簡単な手続きで、こんなにスムーズに乗れるものなのに。

どれだけの苦労をしてここまでたどり着いたんだろう。




サービスがよいことで有名なターキッシュエア。

日本からトルコへ行く人はたいていターキッシュエアのはず。

機内食も美味しいし、日本からの長距離便はエコノミーでもサービスとして、歯ブラシ、アイマスク、スリッパなどが入った、貴重金ポーチにもなる袋が全員に配布されるのだとか。


私は、短時間のフライトなので歯ブラシとかはなかったですが。


まず、離陸前にお菓子
IMGP9850


食事のメニュー表


ただ、beef or chicken と聞かれるのではなく、メニュー表を見て選択できる。

ドリンクも。
IMGP9852


私はビーフを選択。
二時間半のフライトなのに、この豪華な食事。食器が黒。
IMGP9856




そして、ウィーン到着 


帰ってきました!!   ヾ(=^▽^=)ノ





さて、ここからどうやってグラーツへ帰るか。



ウィーン= グラーツ間の飛行機はとても高い。


電車かな。


到着と移動にかかる時間がわからなくて、事前にはネットで買っておけなかったんだよな。

空港から鉄道駅までも遠いから移動しないと。





その前に、

とりあえず、空港について、最初にしたいこと。




オーストリアエアのスタッフに会いたい。


あの事件以降、一人として、オーストリアエアのスタッフに会っていない

そして、一人として私の話をきちんと聞いてくれたスタッフがいない。




なんとしても、この怒りを伝えなくては。





とりあえず、手荷物受け取りのカウンターのところに

ゲートを出る前

カスタマーセンターみたいのがあったのでそこへ。


ここでだめだったら、外のカウンターにも行って、責任者と話がしたいと言うと意気込む。





この3日間 聞いてもらえないものも含め

何度説明を繰り返してきたことか。




すいません、私、今、ターキッシュエアでウィーンまで来ました。

イスタンブールで、オーストリアエアとトラブルがあって…

話を聞いてもらえますか。



何があったのか話してもらえますか



はい。
私は、こういう名前で、予約番号はこれです。2日前に搭乗予定でした。
フライトの予約をしていて、ウェブチェックインをしていて、十分余裕を持って空港に到着していた。
にもかかわらず、イスタンブールのオーストリア航空のスタッフに搭乗拒否され、今日まで帰国が出来なかったのです。

日本とオーストリアにはこういう協定がありますよね。
それを説明してもきいてもらえなくて…。



こみ上げる怒り

そして、この数日間の絶望

そして、今、オーストリアエアのスタッフが話を聞いてくれている


もう涙がこみ上げ、言葉が詰まって話せない。詰まりながら、すみませんといいながら、話を続ける。

搭乗拒否されたこと

その後スタッフに誰も会えなかったこと、チケット窓口も、コールセンターも自分の責任ではないと対応してくれなかったこと。

自分で航空券を購入して、ここまでたどり着いたこと。



この数日繰り返した説明。

だんだん説明がうまくなっている気もする。


スタッフが言ったこと。


それは大変でしたね。ここから先の飛行機は?

いいえ、何も。ただ、ここへたどり着いたので精一杯で。



そして、電話を。




私はあなたを助けるために、いくつを電話をかけています。少し待っていてください。



彼は、グラーツまでの航空券を無料で手配してくれました。




これは特例ですとも。

イスタンブールで何があったのか、今の時点ではすぐに確認できません。
ですが、あなたは、グラーツへ帰る必要がある。

私の権限でグラーツまでの航空券は用意しました。
私に出来るのはここまでです。



それ以外の保証(航空券の払い戻しとか、滞在費とか)、について私からどうするとは言ってあげられません。
ごめんなさい。

これが、カスタマーセンター(たしか)なので、ここへあとから、連絡して、何があったのか伝えてください。

と。名刺のようなものをもらいました。


グラーツへ帰れる。

ありがとう。お兄さん。



やはり、ウィーンは強い。

そして、あまりに汚い身なりで、ぼろぼろの姿の私。

かわいそうになったのだろうか。



ウィーン空港
IMGP9859



ウィーン空港の搭乗ゲート。

さらば。
IMGP9861



ウィーンからグラーツまで、30分のフライト。

旅行開始から11日目
イスタンブールの空港について3日目。


ようやくグラーツへ帰ってきました。




長い長い冒険。


その最後に、こんなに大きな試練が待っているとは思いもしなかった。



たくさんの人の支えと、たくさんの親切に触れながらようやく帰国。




無事に帰ってこれて本当によかったです。





空港には夫が迎えに来てくれていて

一緒に帰宅し

夫が買っておいてくれた材料で一緒に豚汁を作り

白米と、豚汁。

なによりのご馳走でした。





困り果てている時、

夫は、私がグラーツで仲良くしている友人に連絡していたそう

あのトルコ人の彼を紹介してくれた彼女




帰国出来たと報告したら衝撃的な一言を





無事帰国出来て本当によかったね

これは、おじいちゃんおばあちゃんになっても語れる武勇伝だよね

こんな武勇伝を2万円で買ったと思えば安いもんじゃない?




さっすが彼女。

笑っちゃいました。



どんな時でも、そんな風な視点で

そんな風にありたいものです。




長い長い旅日記、お付き合いありがとうございました。

おしまい。

トルコ一人旅 10日目 絶望

トルコ一人旅の記録です。


本当は9日目で終了するはずだったこの旅行。

10日目になってしまいました。


まさかの、航空会社職員の知識不足、認識不足により謎の搭乗拒否をされた昨日。


どうにもならなくて、自分で宿をとって、またイスタンブール市内に宿泊。




一夜明けて。

どれも全然美味しくなかったし、あまり食欲もなかったけど

元気ださないと。

朝食。
IMGP9815




今日こそ、オーストリアへ帰る!!

決意を胸に空港へ向かいます。
IMGP9823



これが最後のブルーモスクになるはず。

強くそう願う。
IMGP9825




空港に到着。


オーストリアエアラインのスタッフを探しますがいません。

インフォメーションも昨日役に立たなかったし。

本当にどうしたらいいのかわからない。



今日も、いくつかオーストリアエアのフライトがある。


それを待って、カウンターへ。

行ってみるが、あるのは共同運航便のみ。

オーストリアエアのスタッフがいない。



チケット販売の窓口へ。一応。
IMG_1620




いるのは昨日の感じの悪いおばちゃんのみ。

今は業務時間外。15:30にならないとオーストリアエアの対応はしないよ。

ここへ電話してくれと、看板をどんと置く。
IMG_1619




もう電話するしかないか。


GRAZのスタッフがメールしてくれたって、いったい誰にしてくれたわけ??

それを確認する術がない。




旅行ガイドブックで電話の仕方を調べて、公衆電話を。


直前にガイドブックダウンロードしておいて本当によかった。

kidleのるるぶ

微妙だと思ってたけど、役に立っている



売店を探して、テレフォンカードのようなものを購入。



空港は常にアナウンスがなっていてとても騒がしい。

この中で、英語の交渉をきちんとする自信がない。



空港からいったん出て、少し静かな場所にある公衆電話を探す。


結局メトロのホームに発見。

駅員に事情を話して、切符はないけど、駅に入れてもらい電話をかける。



何か困ったことがあったらこれを使いなさいと


夫から送られてきた文章



昨日の出来事をクレームとして順序だてて英語の文章にしたもの



それを参考に

オーストリアエアのイスタンブール コールセンターへ。


昨日空港についてからというもの

自分の話をきちんと聞いてくれた人が

一人としていなかった。


このコールセンターの人は、相槌をうちながら一応聞いてくれた


そして、

あなたの希望は?


とにかく、早くオーストリアへ帰りたいです。



今は空港ですか?


では、カウンターへ行ってください。



ん?

これは、カウンターへ行けば職員が対応してくれるということ??


期待します。


が、



カウンター閉まってますけど。



話せば話すほど、話が通じない。



そして、昨日乗り遅れたのだから、もう一度チケットを買って飛行機に乗ったらどうですかと。



今まで説明した時間かえせー!!




私の説明理解してないですか?



はい。わかりません。英語がわかりません。話がわかりません。

トルコ語が出来る人いますか?




何を言っているんだ。



もう!




私の英語が悪いのでしょうか。



とりあえず、対応したスタッフの名前だけ確認。


絶望して電話を切る。




コールセンターも通じないし。


ネットで調べたけど、オーストリアエアってイスタンブールのオフィスがないよう。


どうしよう。




だめだったことを夫に伝えると

夫は、オーストリアのGRAZにある空港へまた行ってくれるとのこと。


そして、昨日とはまた違うスタッフに事情を話して対応を要請。

しかし、パソコンには、私の搭乗を拒否したとの記録はなく、ただチェックインがされていないだけ。

まるでチェックインの時間に遅れたかのような記録。

ここからはどうしようもありませんと。




困った私は、イスタンブールにある日本大使館へ助けを求めて電話することに。


旅ノートに書いてある大使館の電話番号

まさか役に立つ日が来るなんて、役に立たなくてよかったのに。

またメトロの駅まで歩いて

公衆電話から電話。


いわれのない長期滞在の疑いにより搭乗拒否されてしまったんですが。



いろいろ確認して返事をするので、また15分後にかけてください。



電話 確認待ち  電話  情報を伝えて  確認待ち


この作業を何度繰り返したか。



結局、大使館の結論

・大使館として出来ることは何もない

・オーストリアエアのコールセンターにはレスポンシブルなスタッフがいなそう。そして、オフィスもなさそう。
 大使館のスタッフが、コールセンターへ電話をして、いろいろ確認してくれたよう。

・私のリスクへの認識不足 準備不足
 ノーマルなルールの上での滞在ではないのだから、何かトラブルが起きる可能性を予測すべき。そして、それの対処の準備をしっかりしておくべきだった。それをしなかったのは、あなたの責任ですよ。と。

・アドバイス
 これは大使館としてのコメントではなく、私の個人的なアドバイスです。もし、私があなたの立場だったらどんな可能性があるか、考えてアドバイスだけします。
 オーストリアエアはシェアが少なく、ターキッシュエアとの共同運航便の可能性が高いです。もしそうなら、ターキッシュエアに助けてもらえるかもしれません。

・保障について
 このような事態が起きたとしたら、滞在のホテル代、帰りの航空券をただちに無料で用意するのが、航空会社としての責任だと思います。トルコのオーストリアエアでは対処してもらえなそうであれば、本社のあるオーストリアで、ご主人に交渉してもらうのがいいと思います。これは、交渉しだいだと思います。がんばってください。



そうか。

まずは、自分の責任。

そして、やはり交渉。

あとは、共同運航便か。




トラブルを避けるために、あえてシェンゲン国外へ、オーストリアから直で出てきたんだけどな。



共同運行について確認するため

ターキッシュエアのカウンターへ。



事情を話し、確認してもらうと、共同運航便ではなかったとのこと。

それはかわいそうに。とも。



もうどうしたらいいかわからなくて、ターキッシュエアのカウンターでぽろぽろ泣く私。



ほらほら泣かないで。

けど、うちの航空会社の便じゃないからどうにもしてあげられないな。ごめんね。と。










こんなさなかに、何も知らない友人からメールが


元気?

いろんな国を旅して

たくさんの人、自然、文化、景色、建造を心に感じて人生で大切なものはいったい何か思ったりした?



と。





それどころじゃないよ。


今、帰国できずに途方にくれていることを伝え、

旅をしたからといって、人生観が変わったかは、わからないなーと。





けど、この状況。




もう煮詰まりすぎて、呆然としているし、気持ちが滅入っている。

大使館からの連絡待ちの間だったかなー。




この数ヶ月の旅について考えてみる。

この現実からふと遠ざかって

思考回路をちょっと切り替えて

変な状況だなーと思いつつ。



そして、私はこう送っています。





今まで無理だと思っていたことが実は出来ることだったと気づく。とか


今まで常識で、しなければならないと思っていたことは、しない国もたくさんあると知る。ルールだからこその価値観だったと知る。とか。


日本では、決して誰もしないような親切を誰もがフットワーク軽くする国がある。


何かを悟ったとか、何かを変えようとかそんなたいそれたことはないけど。

視野が広がって、前よりも気楽になって、自由に考えるようになったかもね。

日本に帰ったら新たに見えることがたくさんありそうで、それも楽しみ。




この状況から、ふっと、ガス抜きをして、救ってくれたひとつのメールでした

この返信

どこにそんな力があったのだろうと、今は思う。





そして、現実へ。




もう私の力ではどうにもならない。




本当に迷惑をかけたくなかったんだけど

数日前に夕食を共にした、トルコ人さんへ連絡。




もう、ぼろぼろの私は、wifiの使えるカフェ周辺の硬いベンチにただ座っている。

トルコ人の彼には、夫が連絡をしてくれた。

妻を助けてあげてほしい。と



ネットで調べたり、夫と連絡を取ったり。

携帯の充電がどんどん減るんだけど、連絡手段がなくなるのは致命的。

充電するための場所もないので

ママたちごめんなさいと思いながら、トイレの横のおむつ交換の小部屋にこもって、

時々充電を。

おむつ交換スペースは空港内にいくつかあるので。



連絡を受けたトルコ人の彼は、

彼のオフィスで必要な情報をインターネットで収集。

メールで私とやりとりし、事情を確認。

最後は、仕事後に空港まで来てくれるという。



もう、疲労もピーク。

緊張と、何をしてもうまくいかない

糸口も見つからない。

誰も話を聞いてくれない

誰も責任がないと言う。



体も疲れている

心も疲れ果てている



オーストリア航空に代替便を用意してもらえなかったとしたら

夫が調べたところ


イスタンブールからグラーツまで10万円以上



保障してもらえるかわからないのに

高すぎる。





今日ももう夕方。5時すぎました。





ああ、今日もトルコから出られなかった。

今日も一日空港ですごしてしまった。

いったい、オーストリアには帰れるのか。


このまま二度とオーストリアには帰れないまま

日本へ帰国しなければならないのか



いつまでトルコにいなければならいの?

いつこんな時間が終わるの?




そんなとき


トルコ人の彼が空港へ到着


場所を説明

目の前のエスカレーターを登ってくる姿が見えた時

思わずまた涙





事情を説明すると


てきぱきと


パスポートカウンター

オーストリアエアのカウンターやチケット販売

ターキッシュエアのレスポンシブルはスタッフのいるカウンターなど回って



事情を話し、状況を確認。




怒っています。



「なんでもっと早く連絡してくれなかったんだ!!
こんなことになったら、すぐに連絡してくれればすぐに力になれたのに。
遅すぎるよ!!」



なんていい人。



とりあえず、オーストリアエアのスタッフとは会えず。


ターキッシュエアのスタッフから、私はオーストリアへ帰ることが出来る立場だと確認し、保障してもらう。




で、彼と相談。

選択肢

明日、オーストリアエアのスタッフに会って交渉して、チケットを用意するよう交渉する。


もしくは、あきらめて、別の航空会社の便でオーストリアへ帰る。




グラーツまでだと10万円以上するけれど

ウィーンまでだと2万円の航空券がターキッシュエアであることがわかる。



もう、トルコから出たい。

20000円なら払えるし。




確認すると、ネットのほうが1500円くらい安かったんだけど、

現地で確認して購入したほうが安心。



トルコ人の彼に付き合ってもらって

明日の、イスタンブールからウィーンへのチケット購入。



もし、明日何かあったらどうしたらいいかも確認。



ここが、責任のある人が必ずいるカウンターだからここへ行けば大丈夫と。


でも、何もないですよ。あなたは飛行機に乗れますよ。



もう夜。



今日も、トルコに宿泊だ。



トルコ人の彼が、うちに泊まっていきなさいと。

ルームシェアしていて、住人が他にいるけれど(たぶん彼女)、泊っていけるよと。



もう、ぼろぼろの私。

何から何まで申し訳ない

けど、ありがたくお願いすることにしました。



空港からバスに乗って、途中で降りてマルマライ。

彼の家は、宿泊していたホテルのあるアジアサイド。



お腹すいたでしょと。

何か食べよう。と。


ずっと食欲なくて、何も食べていなかった

水だけは買って、水分はとっていたけど。

張り詰めていて感じなかったけど

気づけばなのか、ほっとしたからなのかお腹すいてきた。







カドキョイの露店。


フライした貝とタルタルソースのようなものを挟んだサンドイッチ
IMGP9831




それと
羊の内臓を焼いて味付けして、パンにはさんだもの。
IMGP9833



サンドイッチ二個!!

けど、久しぶりのあったかい食事。


信頼できる人と、安心して食べる食事。



ほんとうに心から美味しかったです。


満腹すぎて、お腹がはちきれるかと思ったけど。




彼の家へついて、同居人さんへあいさつ。


とても広く、ほっとするおうち。

タオルをかりて、シャワーをあびさせてもらう。



3人で、今日あったことを話し。

スタッフがいなくて、解決は出来なかったんだ。と。



今日トルコで、あったという鉱山の爆発事故。


真夜中だというのに、ものものしい雰囲気の報道が繰り返されている

それを、ぼーっとソファに並んで見る。




トルコ人の彼


フライトの時間から

何時にここを出て、こういう交通手段で空港へ向かったらいいのかも

確認して、アドバイスしてくれていた。



本当に涙が出るほどうれしかった。




トルコでいろんな人に出会って

いろんな宿に泊ってきた。



こんなに嬉しい出来事はなかった。

トルコで一番の宿泊地でした。




航空券は購入したし、


この2日間と比べると、オーストリアがぐっと近くなった夜。

まだ油断は出来ないけれど


明日こそ帰宅する。

そう決意して、就寝。







トルコ一人旅 9日目  観光と悲劇

トルコ一人旅の記録です。

今日はいよいよ帰国。

最後の観光をして、久しぶりのグラーツへ帰宅です。



初日は観光してないけど、それも含めたらイスタンブール4日目の朝。

今日一番したいこと。

昨日から考えてたんだけど、日の出!!



朝が苦手、基本的に朝寝坊の私。




ですが、旅行では驚くほど早起き。

今日も5時前に起きて、身支度。

日の出前の空から、日の出も見ようかなと。




宿の前の通り。

子供の頃、日の出というと初日の出くらいしか意識してみたことなかった。

最近。日が昇る前の空の色の淡い変化がとても好き。
IMGP9574



いまさらだが、この方向だと、日が昇るのは見られないかも。

住宅街だから。

でも、海辺へ行って、空の色、街の色の変化を広くて気持ちのいい場所で見ることにします。




ピッカーンと太陽が昇るその姿だけではない。

日の出の魅力。この淡い色合い。

IMGP9577




まだ濃い青の空。



カッパドキアの早朝気球を見ながら、写真家(趣味)のおじさんのレクチャー。

夕日は太陽自体を撮影してもそんなにきれいじゃないんだよ

太陽が沈んだ少しあと、空が暗くなるかならないか。青が、藍が濃くなってきた空が一番きれいなんだ。

これは、どこの国のどんな空にもいえることだよ。

こんど見てみてほしい。



日の出にもいえることかな。
IMGP9580



モスク。今日は天気がよさそうだ。
IMGP9586



期待していなかったのに、太陽。
IMGP9587



アジアにつながる鉄道 その終着駅 と線路 を見下ろす歩道橋より
IMGP9590


振り向くと日の出 この線路の先にはアジアが広がっている。韓国までもつながっている線路だったか。たしか。
IMGP9589


宿へ。
IMGP9597



あまりに朝早かったので、一寝。

したかどうか忘れましたが、一休みして。



朝食。



昨日までと同じく、好きなものを自由にというセルフ。


部屋は、シンプルなベッドだけ。

共同バス、共同トイレ。


ドミというと、安いけど、あまり清潔ではないイメージ。


ここは、とても清潔。静か。とても快適。


広さ、清潔さ。収納。電源。


そして、共用スペースの快適さが、はんぱないです。


中庭。ここはとても静かな何もない中庭。ヨガとかできるみたい。
IMGP9601




朝食  感じのよいスタッフと少しだけ言葉をかわして
IMGP9605



ここで食べる

光、緑、湿度、温度  北海道の夏の朝のような気持ちのよい 中庭
IMGP9606



野菜とフルーツが充実しているのが嬉しい

イチゴだー。
IMGP9608




階段  青空 ぶどうの木
IMGP9610



あったかいチャイをとりに行って、もどったら猫。

皿を置いていた場所にでーんと。

猫が多いトルコ。

だから猫アレルギーだってば。
IMGP9611



屋内のスペースもなかなか。

ネットも テレビも。

IMGP9635



IMGP9636



IMGP9637



事前のネットの情報で屋上にテラスがあると。


スタッフに聞いたら、コーヒーをカップに入れて持ってテラスへあがってもよいと。そのかわりカップは後でキッチンへ返してね。と。

返しますよ。もちろん。



階段で上へ。



とてもこじんまりとした、けれど、とてもいごごちのよいテラス。

誰もいないので、独り占め。

朝からよい天気。
IMGP9615


下を見下ろすと
IMGP9621


完全なるオーシャンビューではなく、のぞくと見えるボスポラス海峡

そして、例の駅 パイダルパシャ駅。
IMGP9624



こじんまりした、家庭的なプランター。緑があるのはいいですね。
IMGP9629




シャワーとトイレの表示  日本とちょっと違う

女子と男子のポーズとか

シャワーは音楽付だったりとか

  IMGP9632



今日、帰国。


荷物は昨日夫にだいぶ持って帰ってもらって軽いし。

チェックアウトして、リュックはしょったまま観光することにします。




どこかに預けると、お金もかかるし、そこまで戻らなくてはならなくて、行動も制限されるので。

昨日荷物を預かってくれていたスペース。鍵つき。

そういう人多いんですね。

IMGP9640




ザルツブルグとローマのパンフ。
だいぶ遠いけど。系列ホテルなのででょしょうかね。
IMGP9639




いざ、出発です。今日も天気がいい。

日焼け止め必須です。
IMGP9641


IMGP9642



まずは、アジアの鉄道の終着駅 ハイダルパシャ駅へ

船から、宿のテラスから。何度もその姿は見てきたけど、近づいて、中に入るのは初めて。
IMGP9643



おー。趣があります。
IMGP9648


IMGP9650



CHANELのCMのロケ地にもなっています。





アジアとヨーロッパの間にあるトルコ。
turkeymap




そして、市内にアジアサイドとヨーロッパサイドに分かれるイスタンブール。
ca409b1593a4491d18292e29ca6b6786


アジアの終着駅は、アジアサイドに ハイダルパシャ駅。

そして、ヨーロッパサイドには、ヨーロッパの終着駅。シルケジ駅。
オリエント急行の終着駅。オリエント急行殺人事件にも登場する駅らしいです。
写真撮ったはずだけど、みあたりませんでした。




アジアサイドをぶらぶら。

サバサンドのお店  BALIK EKMEKがそれ。
IMGP9655



海に沿ってあるく道
IMGP9656



その道から、昨日宿泊した宿へと続く坂道が見える。
IMGP9657


バスターミナルにて

運転手さんたちが、サンドイッチ作ってました。朝食かな?
IMGP9658



何度も使った、アジアサイド カドキョイ と ヨーロッパサイド エミノーニュをつなぐ船。

20分 100円

また、それに乗って渡ろうかな。と思っていたところ。

この看板。

「BOSPHORUS TOUR」 ボスポラスツアー。

ボスポラス海峡のクルージング 1.5時間 600円
IMGP9659


予定はしていなかったけど、天気もいいし、意外と安いし、飛行機も全然間に合うし。


出発予定は、3分後。


何も考えずにチケット買って、飛び乗っちゃいました。
IMGP9660





出発!!
IMGP9662


わくわく!! 
IMGP9664


いつものルートが緑  クルージングルートは赤
BlogPaint



ふと気がつくと、テンション高めの私 

そして、テンション低めの乗客。なんというか、ローカルのおばさんとか。スマホいじっている人とか。

ん??


そして、あっという間に、ヨーロッパサイドの港の、ガラタ塔が。
IMGP9671


これって、いつものルートですよね??


誰かに聞こうと思ったんだけど、英語通じず。

おろおろしていたら、若者が話しかけてくれて、困っていると伝えると、駅員さんに確認してくれました。

このあとに、エミノーニュから出るクルージングの船にこのチケットで乗れるから、どうぞと。



結局、本当はどうだったのか。


私が間違った船に乗ったのか

エミノーニュまで来て、ここから乗るのが正しかったのか。


ま、このチケットで乗れるというので、いいことにします。



船着場周囲。イスタンブールの空気感。
IMGP9673


IMGP9674


少し時間があるので、今のうちに昼食。

また、サバサンド。

乗り場の目の前だったし、他のお店のも食べてみたかったので。


船でサバを焼いています
IMGP9676




並べられたたくさんの小さいテーブル
IMGP9677



これこれ いただきます
IMGP9680



塩と、台所洗剤にしか見えないレモン たっぷりかけて
IMGP9682


がぶっと   魚とパン  フィレオフィッシュみたいな感覚なんでしょうかね。
IMGP9683



おてふきもくれました かわいい
IMGP9816



乗船。サバサンドの店舗の船がゆらゆらゆれています。
IMGP9688



出発
IMGP9689



釣り人が並ぶガラタ橋の下をくぐって
IMGP9690




IMGP9691



乗客  みんなわくわくしています
IMGP9693


運転席
IMGP9697




海辺に立つモスク や宮殿  船に流れる解説はもちろんトルコ語

IMGP9694


IMGP9698


IMGP9700



時々まわってくる売店のおじさん あたたかいチャイを
IMGP9704


この橋 バスで渡ったやつだなー。
IMGP9706




文化の違いを感じる
IMGP9718


イスラムの彼女は娘さんと一緒に乗っていて、記念撮影をしたり楽しんでいるようでした。




どうでもいいことですが、左の女性のTシャツ
IMGP9692



私とお揃いですね
IMGP8885



彼女に写真を見せたら、「私のはKENZOのものよ」とタグを見せてくれました。

私のは、KENZOではないです。


要塞  かっこいいです
IMGP9720



その向こうの橋をくぐって、折り返しです。
IMGP9724



天気もいいし、潮風が気持ちいい。
IMGP9729



隣に座っていた美人の彼女
IMGP9744



ヨーロッパのどこかの国(忘れてしまった)からの旅行と行っていました。

週末の旅行 現実逃避よ。と。



仲間と5人で。すごく楽しそう。
IMGP9730


IMGP9740




隣の船 同じようなクルージングなんだろうけど


すごく陽気な音楽がかかっていて

よく見ると、踊っている人がたくさんいました!
IMGP9738



また、エミノーニュの港へ帰ってきました。思いがけず、いい時間をすごせたな。
IMGP9746



この橋、けっこうぎりぎり
IMGP9748




最後は、旧市街をちらっと通り抜けて、空港へ向かいます。

日焼け止め塗りなおして
IMGP9754




トルコといえば猫
IMGP9759



暑さにぐったり?昼寝
IMGP9760



怪しいブランド品の数々
IMGP9753



ヴィトンのイミテーションはわかるとして

アップルの財布はないだろ。と思う。
IMGP9758



カフェのランプ
IMGP9761


犬もその辺で寝ている  どきっとします
IMGP9762



ブルーモスク  あんなに人がいても やはり魅力的 つい何度も通り過ぎたくなってしまう 

他のモスクと何か違うのだろう。自分でもわからないけれど。
IMGP9767



右下に映っている、グレーのニットに白いシャツの青年。

この後、話しかけられました。

「日本人ですか?僕、日本にめちゃくちゃ興味あります!!日本に友達もたくさんいます。トルコにボーイフレンドはいますか?仲良くなりたいです。」

と。日本語で。




このあと、一緒にチャイを飲みに行きましょうと、とジュータンやさんに連れて行かれちゃうのか。

カッパドキアで他の旅人から何度も聞いたこの手口。

本当に存在するんだ。

カッパドキアでの旅人のなかに、この広場を通り過ぎるまでに5回話しかけられたという人がいたなー。



このブルーモスクとアヤソフィアの間の広場は気をつけろというもんな。


どんな内容なのか気になったので、ちょっと聞いてみたけど、話がまどろっこしいので、途中で切って、やめちゃいました。
怪しさ満点だったけど、これに引っかかる人がいるのが不思議です。



少し余裕があったので、またブルーモスク内部へ。



ここは、肌露出禁止。

女性は、持参したスカーフを巻いています。
IMGP9779



腕を出している人は、マントも。スカーフもマントも貸し出ししています。
IMGP9780



大きなザックをしょったまま、マントをした私。泥棒のような姿になっていたであろう…。



床のジュータンの模様。この花の模様には意味があったはず。忘れました。
IMGP9781




肌を覆う布。本物の人と、観光客と見ていて違いを感じます。


本物。美しいなー。
IMGP9783




観光客。 何かが大きく違う。 これは日本人観光客でした。楽しそうだったけどね。

IMGP9784



IMGP9785




最後に寄ったお土産屋さん。

IMGP9818



IMGP9820




IMGP9821



人懐っこい店員の少年。

私のカメラに興味を示していたので、写真を撮ってあげました。

私のカメラ、防水のもので、変わった形状だったからかな。

日本人風のポーズだよと。ピースしてました。
IMGP9798



トラム、メトロと乗り継いで、空港駅に到着。


壁のタイル

IMGP9807


IMGP9808



たくさんの思い出を胸に、チェックインカウンターへ向かいます。


すごく楽しい思い出ばかり。


去りがたいという思い、とても遠い場所だからもう二度とここへはこないかもしれない。


けど、もう満腹というくらい満喫させてもらったなとも。




あと少しで家だ。とほっとした気持ちも。



昨日、夫はちょっと早く到着しすぎたようで、搭乗の2時間以上前だと、チェックインカウンターが開いていませんでした。


今日は、2時間弱前に到着。


もう人も並びだしています。

IMGP9810




なんとここで事件が。




列に並んでいてカウンターに到達する前、

他のスタッフがパスポートのチェックをしていきます。

確認するので出しておいてくださいね。と。



で、私の日本のパスポートと渡航地を確認した、航空会社スタッフがちょっと気になるので、別のラインに並んで、先にチェックしてもらってくださいと。



該当スタッフのところへ。


自分の状況を聞かれたので、説明。


国籍は日本ですが、こういう状況でグラーツに滞在しています。

日本とオーストリアの協定で、6ヶ月以内だとvisaは発行されないので、visaはない状況です。




すると、あんたは、不法に長期滞在しているだろう。


シェンゲン協定だと、3ヶ月しか滞在できないはずだ。



と。




たしかに、通常はそういうルールですが、オーストリアに限って、日本人は6ヶ月間visaなしで滞在できることになっています。

二カ国間の協定があります。

これは国際的なルールです。




オーストリアエアラインのスタッフ。

オーストリアのことだし

理解してもらえると思っていたのですが、話を聞いてくれません。




何度も説明するも、そんなことを知らないの一点張り。

知らないなら調べればわかるというと、

ははっと鼻で笑って

この俺様に調べろというのか。いやだね。馬鹿にしているのか!!



と。声を荒げ



さらには、パスポートを預かると、私のパスポートを持って、どこか別のカウンターへ行ってしまいました。





簡単に得られる情報だし、ましてやオーストリア航空。

トルコ オーストリア間の日本人客が少ないとはいえ

確認してくれているのだろうと、どきどきしながら待ちます。




そして、他の上司らしき他のスタッフと戻ってきた彼が言ったこと。



あんたが言っていたような事はどこにも書いていない。

あんたは嘘をついている。

この飛行機には乗せられないと。





さらに
(↓これは間違っていることですが)

もしどうしても帰りたいなら、ドイツなら3ヶ月をすぎても入れるはずだから、オーストリア航空ではなく、ルフトハンザ(ドイツの航空会社)を使って、ドイツへ行って、そこから電車でも何でも使って自力でオーストリアへ帰ることだな。
それがいやなら、日本へ帰りるしかないだろう。




なにせ、お前は、オーバーステイをしているんだから。





なんと!!!





航空会社スタッフに、搭乗拒否されてしまったのです。

Σ( ̄ロ ̄|||)




しかも、いわれのない理由で。

スタッフの知識不足により。





パスポートコントロールのポリスではなく

航空会社の職員に




搭乗拒否もひどいことだし、客に対する態度として、こんなことが許されるのかというほど、ひどい屈辱的な態度。



一応ありえないと思いながら、フルとハンザのスタッフに、こういわれたんですけど。と確認。




すると

何かを確認するわけでもなく

「オーストリアエアの彼はとても知識があるんだ。彼がいうなら間違いないよ。チケットを買うなら、カウンターはあっちだよ」と。


頼りにならない。




もう自分の説明や、調べてほしいというのではどうにもならない。



明らかな資料を自分で用意して見てもらわなくては




ネットが使える唯一の場所、空港の端から端へ

走っていって、飲まないけど、飲み物を頼んでインターネットを。





大使館のホームページに情報が書いてある。

英文ののものもあったはず。

それを見てもらわなくては。飛行機に乗れない。オーストリアへ帰れない。

飛行機に乗せってもらわないと、帰れない。

トルコから出なくては。




あせる気持ちから、本当は簡単に見つかるものが見つからない。




そして、夫に連絡。


飛行機に搭乗拒否された。オーバーステイだって言ってる。わかってもらえない。




夫が、必要なホームページを検索してくれて、これを見せなさいと。早く戻りなさいと。




空港の端から端へ

全力で走ってカウンターに戻る。




搭乗まではまだだいぶ時間があるはずななのに

カウンターはすでにクローズされている。

スタッフの姿もなく、ディスプレイも真っ黒。




どうしよう。





オーストリア航空のチケット販売のカウンターへ。



こういう状況なんですけど。



勘違いにより搭乗拒否されたんですけど、勘違いなんです。

スタッフに会わせてください。



窓口のおばさん



私は、そういうクレームは受け付けてません。


ただの乗り遅れでしょ。



さっきカウンターに行ったんですけど、受け付けてもらえなくて。web check inはしていて、メールも来ています。



予約番号から一応確認してくれて


あんた、check in してないよ。これは、ただの乗りおくれだよ。



あとで、ネットでチェックしてみたんだけど

なんと、web check inも取り消されている!!


ひどすぎる。




私はチケットは売るけど、それ以外のことは知らないよ。


ここに電話番号が書いてあるから、何かいいたければ、電話してください。



コールセンターの番号が書いてあるけど。


そんな。




空港インフォメーションへ。



オーストリアエアのスタッフに会いたいんですが。

こういう事情で。




なら、チケット販売のカウンターかチェックインカウンターへ行けばいいと思いますが。


そこへ行ってだめだったからここへ来たんです。


それ以上はちょっとわかりません。





どうしよう。





私、どうなるんだろう。




とりあえず、夫に報告しなくちゃ。


誰もいなくて、乗れなかった…。


どうしよう。




トルコではどうしようもなく。


夫が、GRAZの空港へ向かってくれる オーストリアエアラインのスタッフと話をしに。


おかしいですね。奥さんは飛行機に乗れるはずです。

それが、事実なら何らかの対処が必要ですね。

ただ、私から今の時点でトルコへ確認が出来ません。そして、私の力では直接的なチケット準備などが出来ません。



トルコのスタッフへ奥さんは搭乗出来ること、航空券を用意するようメールを送っておきます。


あとは、明日、奥さんがトルコのスタッフと直接話をしてもらうことになります。



とのことだったそう。





明日、なんとかなるのかな…。


もう今日の帰国は無理。


夜遅いけど、携帯を使ってbooking.comで安い宿を探して。予約。

また、イスタンブール市内へ戻ります。




あまりの衝撃に


悲しみとか怒りは感じていない。

とにかく呆然としている。




なんだか疲れたな。




また市内へ。


見ることがないと思っていた、夜のブルーモスク
IMGP9811


を横目に


宿へ。

広いけど、埃っぽい部屋でした。

シャワあびたらお湯流れないでたまっていくし。


けど、安全な寝る場所が確保できて、ほっと。
IMGP9814



海外の一人旅

空港で、駅で、トラブルがあると聞いたことがある。

まさか自分にふりかかるなんて思ってもみなかった。


今までうまく行きすぎていたんだ。


トルコ、楽しみすぎたのか。

今日も最高に楽しんだし。



去りがたいなんて思ったからなのか。

神様もう十分楽しみました。去りがたいなんてことないです。

もう十分です。

祈る。





特別なルールの上にある自分の状況



それを自覚して、もっと準備しておかなければならなかったのだろう。








朝ごはん食べたら、また空港へ向かわないと。

明日は帰れるんだろうか。

いったいどうなるんだろう。


不安な気持ちで

でもひどく疲れているのでとりあえず寝ます。



おやすみなさい。


最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ